商標の調査、対象となる商品やサービスの選定、
権利範囲を広げた出願方法、出願書類の書き方、
特許庁への提出の仕方などマンツーマンコンサルティングで教えて
1ヶ月間で実際に商標出願を出すところまでやってしまう方法って書いてある。

商標出願マスター・コンサルティング」の作者である吉村啓志さんは、
雑誌とかテレビでも紹介されてる人なんだって。

⇒気になる評価と体験談

一度コツさえ掴めば非常にカンタンで
慣れてしまえば、住民票の申請より簡単にでき、
A4サイズの用紙に、指定された通り記入するだけで思いついてから、
30分で商標出願が自分でできるノウハウになっているみたい。

信用してもいいんだろうけれど、
悩むよね。

もう少し調べてみようかな。